HOME > レーシックを受けた後の制限

レーシックを受けた後の制限

レーシックを受けた後、こんなことに気をつけて

レーシックの手術後は、いくつかの制限事項があります。ですので、生活や仕事をする上で、少しの間は不便を感じることがあるかもしれません。

ではいったい、どんな不便や制限があるのでしょうか?

たとえば「車の運転」について、レーシック手術を行った後の少なくとも2~3日は、ハンドルを握ることを控えなければなりません。

運転を開始してからも、昼間・夜間ともに新しく得た視力による見え方に慣れるまでは、十分な注意を要するでしょう。(慣れてしまえば、そのあとは視界広がるドライブを楽しめます)

また運動にも制限があります。

ジョギング」などの軽い運動は手術後1週間を経てから開始が認めらます。

球技」や「水泳」、あるいは「格闘技」などの運動量のあるポーツは、1ヶ月ほど控えなければならないでしょう。

上記以外にも手術直後には「洗顔」や「化粧」などの、生活上の注意事項があります。

アフターケアが大切

ですので、眼科医の指示に従って、手術後しばらくは適切なアフターケアを心がける必要があります。

もし事前に詳しい情報を知っておきたい場合は、眼科クリニックのホームページを訪れると、そこで詳しい情報を知ることができます。

たとえば、神戸神奈川アイクリニックでは、術前術後の注意事項として他のクリニックと比べて細やかな説明を見ることができますが、この場で少し紹介しておきます。

たとえば、「レーシック」「エピレーシック」などの手術種類ごとに、

  • ソフトコンタクトの人の注意事項
  • ハードコンタクトの人の注意事項
  • 入浴の開始、温泉入浴の開始時期

ということに始まり、

  • 仕事はいつからできる?
  • 飲酒は?
  • 海・プールは?
  • 軽い運動は?
  • スキューバダイビングは?
  • 旅行は?
  • メイクは?
  • 美容院は?
  • フェイシャルエステは?

など、さまざまな事例ごとに、制限や中止が必要な期間、注意事項が一目で分かるようになっています。

もし、詳しく知りたいならば、こちらをクリックして確認してみてください。 参考になると思います。

サービス

掲載サービス
サイト案内
お問い合わせ

当サイトはYahoo!JAPANカテゴリ掲載サイトです。失敗とは無縁のレーシック選びを支援します。