レーシック前の不安から解放されるには?

レーシックの不安を解消する方法

もしあなたがレーシックに迷っているなら、安心を損なうことなしに選択する方法を提案したいと思います。できるだけ簡単に。

コンタクトやメガネから解放されて快適さがほしい」と思ってるし、レーシックの直後から「世界が裸眼でクリアに見えるようになる」と期待しつつも、ちょっと怖い。

レーシックに興味はあるけど、「リスクが心配」「費用がちょっと・・・」「手術後に問題が起きない?」などなど、いろんな不安や心配があると思います。

あなたが、もしレーシックに疑問があるとすれば、このサイトがその答えになるかもしれません。ですから、このガイドを読むまでは、まだレーシックを受けないでください。

レーシックを受けるのは心配…?

「レーシックを受ける」って考えたときに、みんな、なんとなく怖くて、リスクが心配で、不安があるようです。なぜ不安になるのでしょう? それは人の手で行われる手術だからです。

レーシックの満足度は非常に高いというデータがたくさんあり、世界中で評価されています。

そうです、評価は高い。でも、これは手術です。どんな手術でもそうですが、120%完璧な結果を保証されている手術なんて世界にひとつもありません。どんな手術でもリスクがゼロとは言い切れない、私たちはそのことを知っています。だからちょっと心配になるんです。

たとえ『成功して当たり前』と言われているレーシックであっても、それが人の手で行われているかぎりは、リスクを無視することなんてできません。

それでも、リスクはあると理解しつつも、レーシックを受ける人は毎年たくさんいます。レーシックの本当の魅力ってなんでしょう?

レーシックを決意する理由

リスクがあることを理解しつつも、たくさんの人がレーシックを受けたり、これから受けようとしています。それはなぜでしょうか。それは、

メガネやコンタクトレンズの不便な生活、視力が弱いゆえに抱えていた問題を、今日で終わらせるためです。

メガネやコンタクトレンズで視力を矯正することはできます。できるんですが、それらにはかなりの不便があります。

たとえば、メガネは汚れを落としたり、拭いたり、洗ったりが面倒です。お風呂に入ったり、マスクをしたり、温かいものを食べたら曇って困ります。目が疲れるし、メガネをかけたまま横になりづらいし、鼻に跡がつきます。

コンタクトレンズも疲れます。目が乾燥するし、ゴロゴロするし、ゴミや塵が入ったらめちゃくちゃ痛いです。不快感や異物感はイヤな感覚です。それに、レンズのケアはとても面倒くさいです。

そんな、メガネやコンタクトレンズの悩みや問題を私たちは、なんとか無くしてしまいたいと思っています。

もう慣れてしまった。仕方がないと思っている。けれど、でも本当はすべての不便や面倒を一気に解決したいと、心の奥底では望んでいるんだと思います。

あらゆる不便や面倒からの解放

不便や不満や面倒をもうこれ以上、この身には引き受けたくない。

先にレーシックを受けた人たちは、それらの不満を解決する手段として、レーシックを選択しました。

レーシックを受けたら、コンタクトレンズもメガネも要らない生活になりました。面倒な事が減って快適な生活になりました。

見たいものが全部裸眼で見えます。眠たいときにすぐに寝られます。朝起きてすぐメガネを探さなくていいし、コンタクトレンズを付けなくてもいいし、すぐに化粧ができます。

あらゆる煩わしさから解放されました。

すべての美しいものが鮮明に見えるようになりました。

リスクを0%に近づけるための2ステップ

ところが一見、素晴らしいことばかりのように思えるレーシックですが、デメリットやリスクはたとえいくらかでもあるには違いない。

だから、それらをクリアして、失っていた視力を取りもどす必要があるんです。

では、リスクを限りなく0%に近づけて、安全にレーシックを受けるにはどうしたらいいいいんでしょうか?

実はこの2つのステップだけで、レーシックの安全感が高まります。逆に、これを無視するなら、あなたはレーシックを受けるべきではありません。それは次の2つのステップになります。

ステップ1. ── レーシックについて本当の知識を得る。
ステップ2. ── 自分に合った眼科クリニックを選ぶ。

まず一つ目に、レーシックについてよく知ってください。どんなメリットがあって、どんなデメリットがあるのか。レーシックとは本当は何なのか。

それらを知ることで、レーシックに対する考え方が更新されると思います。

それによって、必要以上に怖がる必要もなくなります

また、レーシックを本当に受けても大丈夫かを、他の人の意見に左右されずに、自分なりに考えて判断できるようになります。

ここでのポイントは、根拠のない噂話を信じないことです。

ヘンな噂話とか誤った印象とかってありますよね。たとえば「あの人、何だか近づきにくいかも・・・」。でも実際に友だちになってみたら、とても温和で優しくて親切だった。笑顔がめちゃ素敵って。そんな人がいます。

レーシックもそれに似ているかもしれません。最初はちょっと怖そうに思えるけど、実際に受けてみれば「もっと早く受けとけば良かったな~」というような。

だから、まだレーシックを受けなくていいので、でも気になる人にちょっと近づくように、レーシックの本当のことをちょっと知ってみてください。

二つ目に、あなたに合ったよい眼科クリニック、よい医師を選んでください。(その方法は、あとでお話しします)

レーシックはとても安全性に優れた手術で、「メガネやコンタクトレンズよりもはるかに快適だ」と言われているとおり、みんなの満足度がとても高い。

ですが、それを実現するためには何よりも、安心できる眼科で、安心して手術を任せられる医師のもとでレーシックを受けることがとても大切です。

『レーシックに関してちゃんと知ること』
『よい医師・眼科クリニックを選ぶこと』

この二つだけをしっかり押さえれば、レーシックに対する不安はほとんど解決できるといってよいでしょう。

裸眼視力=人生の影響力

レーシックはあなたの人生を劇的に変えてしまうほどのインパクトを持っています。

手術を受ける前の不安は、終わってすぐに感動と驚きに変わります。1日、1週間、1カ月・・・と経つほどに、「もっと早く受けておけば良かった」と悔しがるでしょう。

視力を取り戻すことで、あなたは人生に大きな影響力をもつことになります。

だからこそ、あなた自身ができるかぎりのリスクをコントロールをする必要があります。安心して安全にあなたの視力を取り戻すために、レーシックをよく理解してください。

眼科を選ぶ際には、「一生の思い出になる買い物をするんだ」というくらいの気持ちで選んでください。

それでは準備はいいですか。

まず最初に、レーシックのリスクを知る前に
「レーシックを受けたらすぐに得られるメリット」
から読んでみてください。

レーシック直後からすぐに得られるメリットとは?
レーシックのその日からずっと、日々の生活の中でこれらのメリットを享受できますが、あなたはどれを一番望んでいますか?