HOME > 希望通りの視力が出ない場合

希望通りの視力が出ない場合

どれくらいの視力を望んでいますか?

あなたの視力がレーシックでどれほど回復するのか・・・・・・、それは最も大きな関心ごとのひとつでしょう。

レーシックで回復できる視力の目安は、あなたに合ったメガネやコンタクトレンズを掛けた時に見える視力であると言われています。

事前の検査を受けることで、どの程度の視力回復が見込まれるかを知ることができます

「近視」から「正視」へ

さて、レーシックで近視を矯正する場合、実際にどのような処置を施すかというと、目の状態を「正視」という状態にすることを目的とします。

「正視」というのは「眼内で焦点が適正に結ばれて、近視でも遠視でもない、正常な視力を発揮する状態」を言います。

レーシックというのは、近視になってしまった状態から、この正視という正常な状態に戻すことによって、視力が回復するという仕組みなっています。

これまでレーシックを受けた人の視力回復データを見ると、大半の人が1.0以上の視力を取り戻しています。

つまりこれは、ちゃんと矯正治療されて、正視になり、その結果として1.0以上の視力になったことを意味しています。

「近視の戻り」

レーシックを受けた結果、正しく矯正治療を行ったけれども、希望どおりの視力がでなかったというケースが生じることがあります。

その場合、すぐに考えられることは2つのケースがあります。

一つは、きちんと正視になったけれども、その状態で最も見える視力が、たとえば1.0未満だったというケースです。

この場合、「これが自分の一番見えている状態なんだ」と、納得するしかないでしょう。

(現在メガネやコンタクトレンズをしていて1.0以上の視力がでる方は、さほど心配はないと思います。また実際、どれくらいの視力になるかは、事前の検査でだいたい分かりますので、検査の時点であらかじめ納得して手術を受けられます)

もう一つは、手術後の視力がたとえば1.2まで回復したけれども、その視力が低下して、1年後には1.0や0.8に落ち着いてしまうような場合です。

この一度良くなった視力が劣化する症状を「近視の戻り」と言い、2%~3%の確率で発生します。 (「近視の戻り」が生じても、手術前の視力にまで戻ることはなく、0.5~0.8程度の視力に安定します)

再手術(追加矯正)

「近視の戻り」が起こるのは手術を受けてから一年以内がほとんどですが、このような場合、どう対処すればいいでしょうか。

まず、「ほとんどの場合大丈夫だけど、「近視の戻り」という現象が稀にあるんだ」ということを、はじめから認識しておくことです。

そして、万が一「近視の戻り」が生じた場合は、再手術(追加矯正)を受けるという選択肢があります。

再手術(追加矯正)は、眼科医との相談のうえで行われることになりますが、それによって「希望の視力」を改めて達成することが可能になります。

このように、ほとんどの場合は1.0以上に回復しますが、もし希望通りの視力が維持できなかったとしても、それに対処する手立てがあるということを知っておいてください。

(あなたが再手術を受けられるかどうかは、事前の検査の結果にもよりますし、術後の状況にもよりますので、万が一の時には、担当医に相談してください)

サービス

掲載サービス
サイト案内
お問い合わせ

当サイトはYahoo!JAPANカテゴリ掲載サイトです。失敗とは無縁のレーシック選びを支援します。