レーシックで合併症のリスクはありますか?

よくある質問(FAQ)

レーシックは手術ですので、手術である以上は(どんな手術でも)合併症のリスクは伴います。

レーシック手術の直後に起こる合併症としては、軽度の充血や異物感、しみる感じ、見えにくさなどが考えられます。

また、夜間に光がにじんで見えたり(ハロー現象)、まぶしく見えたり(グレア現象)するなどの夜間視力の低下、ドライアイなどが生じることが考えられます。

いずれの症状も時間の経過とともに改善します。

レーシックでの合併症につて以下のページでも説明していますので参考にしてください。

合併症の心配について
レーシックのリスク解説。合併症について詳しく。

目に違和感を感じる場合は、そのまま放置せずに、早めに眼科医の診察を受けて安心してください。

タイトルとURLをコピーしました